toggle
2017-04-04

本場博多の “ごぼ天うどん” が鎌ケ谷で食べれます


博多名物と言えば、とんこつらーめん、明太子、もつ鍋、水炊き…などなど数ありますが、実はうどんが名物なの知ってました?

昨今では福岡出身のタモリさんを始めとし、メディアでも取り上げられる事が増えたのでご存知の方も多いかもしれませんが、実は博多の地元民もラーメンよりうどんを食べる事の方が多いのだそうです。

中でもごぼうの天ぷらが乗った「ごぼ天うどん」はいわゆる博多うどんの定番でアイコン的なメニューとなっています。

博多うどんの最大の特徴は、ふわふわっとした柔らかい麺で、香川の讃岐饂飩とは対極的なものです。

ただ単に柔らかいだけではなく、芯の部分にはコシがある不思議な麺です。

このふわふわの麺をアツアツの黄金色の出汁と一緒に食べると渾然一体となってとてもバランスが良く、実も心も温まるそんなうどんです。柔らかいうどんは胃にも優しく食べやすいので、お子様やお年寄りにもオススメです。

筆者も博多うどんを知るまでは、福岡に行くとラーメン屋を何軒もはしごしていたのですが、今ではうどん屋を何軒もはしごするようになりました。

そんな博多っ子のソウルフード「ごぼ天うどん」が、鎌ケ谷で食べられるの知ってますか?

そのお店は「ウエスト鎌ケ谷店」です。

「ウエスト」は福岡県をメインに展開している博多うどんのチェーン店で、福岡県民なら誰もが知っている有名店です。このウエスト、関東では9店舗しか展開していなく、そのうちの1店舗がここ鎌ケ谷店なのです。

本場の博多うどんを関東で出しているお店は数少ないので、鎌ケ谷近辺の人はラッキーです。

名物ごぼう天は、大きめに切ったごぼうが8本程入り食べ応えも十分。一度揚げたごぼうを少し寝かせることで甘みを引き出し、再度揚げるこだわりの“2度揚げ製法”で、衣のさくっとした食感と、ホクホクと甘みがあるごぼうを味わう事が出来ます。

店内は広く、お座敷もあるのでお子さま連れでも安心。

うどんは好きじゃないという方には、もちろんお蕎麦もあります。(*個人的にはうどんをオススメします!)

夜は居酒屋メニューも充実しているので、お仕事帰りの一杯にも使えますよ。

 

ウエスト鎌ケ谷店

住所/鎌ケ谷市道野辺本町1-2-16

TEL/047-441-6461

営業時間/11:00〜翌3:00

定休日/無休

駐車場/9台


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA