toggle
2017-04-11

船橋で「青い卵」が買える?


卵と言えば白か茶色が一般的だけど「青い卵」があるという。

しかもそれが船橋のどこかで買えるらしい。

あたり編集部で色々調べてみると実際にありました。

それは船橋市馬込町にある「奈良養鶏園」で売っている「アロウカナ」の卵です。

アロウカナとは、南米チリ原産の鶏で青い殻の卵を産みます。16世紀に西洋人が南米に渡り各地を侵略していきましたが、チリのアラウカ地方の先住民は激しく抵抗して侵略を許しませんでした。

他の地方の鶏は西洋人が持ち込んだ西洋鶏と交雑していったのですが、アラウカ地方の鶏は西洋人に侵略されなかったので西洋鶏と交雑せずに原種が残りました。その鶏を地方名からとって「アロウカナ」と名付けました。

戦後日本に持ち込まれ、千葉県の畜産試験場で改良されたものを奈良養鶏園で当初40羽から飼いはじめたそうです。今では1000羽を飼育していてこれは千葉県のみならず、全国的にも珍しいとの事です。

 

アロウカナの見た目は白い羽毛で、普通の鶏とほぼ変わりません。

卵の色は「青」と言っても「薄い青色」で、中身は一般的な卵と同じ黄色い黄身と透明な白身です。味は甘みとコクがあり、特に生で食べると卵本来の旨味がダイレクトに感じられてオススメです。通常の卵に比べて生産率は低いのですが、奈良養鶏園では1000羽飼育しているので数も豊富です。ただ人気の卵なので売り切れ必至!買いに行くときは事前に電話で予約しておいたほうが確実です。

奈良養鶏園ではアロウカナ以外にも国産の「もみじ」という品種の鶏の卵「奈良たまごF」も販売しています。S、M、L、2Lと豊富なサイズが揃います(時期によってでないサイズもあり)。若鶏が初めて産んだ卵「初産」や黄身が2つはいっている「双子ちゃん」など珍しい卵も時々販売しているので売り場を要チェックです。

養鶏園入口脇のログハウス内には卵の自動販売機もあり、営業時間外でも購入できます。ハウス内はエアコンで24時間温度管理されていて、卵も随時入れ替えを行なうのでいつでも新鮮な卵が購入できます。

奈良養鶏園

住所/船橋市馬込町1161

TEL/047-438-5489

営業時間/9:00〜18:00(自動販売機は24時間)

定休日/水曜日


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA