toggle
2017-05-15

「今昔物語」鎌ケ谷〜すずらん通り〜


鎌ケ谷市道野辺本町にある「すずらん通り」

鎌ヶ谷駅すぐ近くにある通りです。

1954年(昭和29年)の写真をみてみましょう!

昔の写真(1954年)*資料提供:鎌ケ谷市郷土資料館

 

こちらはすずらん通りのちょうど真ん中あたりから、西向きに写した写真です。

写真の中央をご覧ください。

「✕」型にみえるものがあるかと思います。

実はこれは東武野田線(アーバンパークライン)の踏切なのです。

今の写真と見比べてみると当時は高架ではなく地上を走っていたことがわかります。

今の写真

ただ、道幅は今とそれほどかわっていません。

また、道がゆるやかに下っていて、奥でわずかに右へ角度を変えていることから、以前の道とそれほど変わっていないことがわかりますね。

今の写真は以下の場所で撮影をしました。

ちなみに、、、

東武野田線の鎌ヶ谷駅は1923年の大正時代に開業しました。

約100年もの歴史がある駅なんですね。

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA