toggle
2017-08-08

【梨園スタンプラリー開催中】豊田梨園をご紹介。

現在発行中のあたり最新号「8-9月号」では、特集で「梨園を巡ってみよう」と題し、船橋、鎌ヶ谷、白井の梨園を8軒ご紹介しています

8箇所のうちの2箇所を回ると素敵なプレゼントがもらえる「梨園巡りスタンプラリー」も開催中です。スマホで簡単にできるので、是非チャレンジしてください。

 

ホームページでも1軒づつ梨園さんをご紹介していきたいと思います。

まずは船橋市から「豊田梨園」さんです。

滝不動と、三咲の中間東側にある大穴地区にある梨園です。

とにかく梨作りが大好きな親子3代で徹底的に話し合いながらこだわりの梨を作っています。

現在大輔さんが5代目、父の和彦さんは4代目、祖父の功さんが3代目。

大輔さんは大学で農業を専攻していたので、そこで学んだ新しい技術を取り入れる提案をします。父和彦さん、祖父功さんの見解を聞き、3人でじっくり話し合いながらその新しい技術を取り入れるか否かを決めるそうです。

栽培におけるこだわりは、有機肥料を使い、まんべんなく日が当たるように管理をし糖度を追求しているそう。

収穫のタイミングは父の和彦さんが担当し、熟練の目で一つ一つ色を見て決めていきます

タイミングは一人で見極める事で品質にばらつきがなくなるそうです。しかし時にはこれは早すぎるのでは?遅いのでは?と3人意見が分かれると、その時はまた話し合い決めていくと言います。3人とも梨作りが大好きだからこそなのですね。

梨の他にも「ぶどう(ブラックオリンピア)」を栽培していて、こちらも人気です。

そんな豊田梨園さんが、8 5 日(土)~6 日(日)にイオン津田沼店センターコート(習志野市)で行われた、千葉の梨ナンバーワンを決める「2017年千葉なし味自慢コンテスト」において、特別賞第1 位の農林水産大臣賞を受賞しました。おめでとうございます!

ちなみに2012年度には父の和彦さんも受賞しており、親子2 代での受賞となりました。

 

豊田梨園さんで栽培している梨の品種と収穫時期は以下になります。

幸水8月上旬〜下旬
豊水8月下旬〜9月上旬
あきづき9月上旬〜下旬
かおり9月中旬〜下旬
新高9月下旬〜10月上旬
新興9月下旬〜10月中旬

豊田梨園

住所/船橋市大穴北2−4

TEL/047-457-4620

↓地図はこちら


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA