toggle
2017-08-13

「今昔物語」鎌ケ谷 〜鎌ケ谷駅前十字路〜

昔の写真(1970年)*資料提供:鎌ケ谷市郷土資料館

この写真は、東武線鎌ケ谷駅東口を出てすぐ、県道8号線と交差する鎌ケ谷駅東交差点を新鎌ケ谷方面(北方向)に向かって撮影したもの。

1988年に東武線鎌ケ谷駅東口の土地区画整理事業が認可され、10月より事業着手されました。

区画整理で整備された3,300㎡の駅前広場、およびそれを取り囲む4街区の地権者が主体となり、広場と宅地を一体とした整備計画を立案し、市と連携協力して整備されたそうです。

駅前広場では夏祭りやクリスマスイベントなど様々なプログラムが実施されています。

では現在の写真と比べてみましょう!

現在の写真

交差点の左角には昔ガソリンスタンドがありましたが、現在は1,2階に商業施設の入ったマンション「カーラシティ鎌ケ谷」が建っています。

昔は道路の左右は樹木が生い茂っていて、まだ自然が残っていた様子がわかりますね。

また車のすれ違う幅などを見ると道路の幅も広がっています。

現在は道路が拡張され、マンションやビルが立ち並び、区画整理に伴いお店や商業施設も増え、街の様子は一変して近代化しています。

↓写真を撮った場所(地図はこちら)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA