toggle
2017-08-19

運動公園で627頭のセミの抜けがらが見つかった!?


平成16年度から実施されている船橋市開催の「夏休みセミの抜けがら調査」

今年も8月4日に運動公園で開催されました。

このイベントでは、子どもたちに夏の代表的な昆虫である“セミ”の抜けがらの集め方や、種類・雄雌の分類の仕方標本の制作などが楽しみながら学べます。

今回はベテラン講師のアドバイスのもと31人の親子で探した結果、627頭の抜けがらを発見したそうです!

しかも1時間で!!

コンクリートジャングルでみかけることはほとんどないですが、探してみるとたくさんあるんですね〜

(627頭の抜けがらを想像すると、少しゾクッとしてしまうのは私だけでしょうか?笑)

抜けがら探しの後は標本制作。

“触覚の節の数”や”大きさ”の違いをルーペでしっかりと観察して種類・雄雌の分類をします。

ちなみに今回はアブラゼミミンミンゼミニイニイゼミツクツクボウシヒグラシ5種類がみつかったそうです。

結構たくさん種類がいるんですね笑

もちろん完成した標本は持って帰れるので、子どもたちにとっては夏休みの自由研究としても使えそうですね。

8月8日にはアンデルセン公園でも開催され、8月22日にも行田公園西側で開催予定ですが、残念ながらすでに募集は終了してしまっているようです。。。

ベテラン講師によると「樹木の根元に1〜2cmの穴が空いているところ」にセミの抜けがらよくあるそうなので、ぜひお近くの公園などで探してみてはいかがでしょうか?

保存保存保存保存

保存保存

保存保存


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA