toggle
2018-01-18

「千葉ジェッツふなばし」船橋市役所で天皇杯優勝報告会


1/17(水)10:00から船橋市役所の1Fで千葉ジェッツふなばしの天皇杯優勝報告会が実施されました。

当日は平日にも関わらず、市役所1Fにたくさんの市民、ブースター(ファン)が駆けつけ選手と共に優勝の喜びを分かち合いました。

第93回天皇杯全日本バスケットボール選手権大会は1/4〜1/7まで全8チームによるトーナメント制で行われ、昨年のディフェンディングチャンピオンとして臨んだジェッツは順当に勝ち進み、1月7日の決勝戦でシーホース三河を89-75で下し、見事大会2連覇を成し遂げました。

 

島田慎二クラブ代表は冒頭の挨拶で「選手だけではなく、ブースター、行政、協会の皆さまのおかげもありこうして優勝することができました。天皇杯は連覇できましたが、シーズン戦はこれからまた1戦1戦タフな試合が続きます。是非皆様の応援をいただき選手の背中を押していただきたいと思います。」と語りました。

島田慎二クラブ代表

松戸徹船橋市長は「昨年に引き続き天皇杯連覇ということで、本当にここホームタウン船橋に大きなお年玉をプレゼントしていただいたと思います。是非この勢いでリーグ優勝をして今年のゴールデンウィーク明けには船橋市内をパレードしましょう!」とこの後のリーグ戦に向けてエールを送りました。

エールを送る松戸徹船橋市長

大野篤史ヘッドコーチは「シーズン前に我々は天皇杯連覇とBリーグ優勝という2つの目標を掲げました。残る一つのBリーグ優勝という目標に向かってチーム一丸となって頑張りますので今後もご声援よろしくお願いします」と語りました。

大野篤史ヘッドコーチ

キャプテンの小野龍猛選手は「皆様のご支援ご声援のおかげで天皇杯を優勝することができました。ただ天皇杯優勝のお祝いムードは今日までにして、この後のリーグ戦に向けて気を引き締めてしっかりと臨んでいきたい」と語りました。

小野龍猛選手

副キャプテンの石井講祐選手は「いつも応援していただいている皆様にまた優勝を報告することができて嬉しく思っています。ただ天皇杯はもう終わったので、もう一つのBリーグ優勝に向けて気持ちを切り替えて練習に取り組んでいきたいと思います」と語りました。

石井講祐選手

西村文男選手は「天皇杯2連覇というのは自分の中では難しいことだと思っていましたが、皆様の日頃からのご支援ご声援の支えがあってこそ取れたものと思っております。また優勝の報告ができるよう精進していきたいと思います」と語りました。

西村文男選手

なお当日は富樫勇樹選手が残念ながら体調不良のため欠席となりました。

最後に記念撮影が行われ、報告会は無事に終了しました。

記念撮影

駆けつけたブースターをバックに記念撮影

選手の皆さんは、すでに気持ちをリーグ戦へと切り替えているようで今後のリーグ戦も目が離せませんね(要チェックや!)。

Bリーグは後半戦に突入し、ジェッツは今週1/20(土)横浜ビー・コルセアーズ戦から後半戦がスタートします。Bリーグまだ見たことがないという人も、是非一度試合に足を運んでみてはいかがでしょうか?

試合日程など詳しくは公式ホームページをご覧ください。

千葉ジェッツふなばし公式ホームページ

 


関連記事