toggle
2018-02-24

“ららぽーと”と”国道14号線”の間にある「新船橋橋」 下り線の架け替え工事が3月から始まるらしい


新船橋橋の外観

ららぽーとTOKYO-BAYと、国道14号線に間にある「新船橋橋」

今年3月から下り線(千葉側)の架け替え工事が始まるみたいです。

ららぽー方面から撮影

下り線は昭和29年(1954年)、上り線は昭和45年(1970年)に竣工されました。

下り線に関しては竣工から64年も経っているため、老朽化が激しかったようです。

4月から下り線の撤去工事が始まり、その後上り線についても耐震工事が行われる予定です。

架け替え工事といっても仮橋が設置されているため、上り下り共に通れるようになっています。

確かに「新船橋橋」は交通量が多いので、片側車線のみになると多くの人が困ってしまいますよね!!

国道14号線側から撮影

 

歩行者用道路も両側通れます(西側_船橋市役所方面から撮影)

 

歩行者用道路(東側_船橋競馬場方面から撮影)

 

新船橋橋から船橋競馬場方面を撮影

ちなみに、新船橋橋の下り線はかつて、ららぽーとTOKYO-BAYの場所に建っていた「船橋ヘルスセンター」が設置したものでした。

その後船橋市が上り線を設置したそうです。


タグ:
関連記事