toggle
2018-02-27

船橋市の銭湯をめぐる【5軒目 〜宮の湯〜】


そうだ「銭湯」行こう!

船橋市には現在9件の銭湯があります。

行ってみようと思ってネットで情報を調べて見ると気がつくでしょう。

そう、銭湯は基本的に中での撮影が禁止されているので、詳細な写真入りの記事は少ないんです。

そ・こ・で

何を隠そう銭湯・サウナ好きのオフロスキーな私が、各銭湯さんに取材許可をいただき、お風呂好きの視点から写真入りで各銭湯を紹介していこうという半分私的な思惑が入り混じった企画です。

 

5件目は「宮の湯」さんです。

「宮の湯」外観

 

場所

京成線大神宮下駅から徒歩10分。船橋大神宮前の交差点を北(船橋市場方面)へ走った通り沿いにあります。

船橋大神宮から船橋市場への通り沿い

店舗入り口

↓地図はこちら

玄関

レトロな下足入れと、傘入れ。

正面が傘入れ(横に入れるタイプ)。番台式なので玄関で男湯、女湯が分かれます

 

番台・脱衣場

船橋市内では唯一の番台式。昔ながらのレトロな趣が残る脱衣場です。

番台。めっきり見かけなくなりましたね

脱衣場

ロッカー

天井のファン。現役で稼働中

レトロなマッサージチェア

ジュースとパックの牛乳類

大型のテレビがあります

女子の脱衣場にはおかま式のドライヤーがあります

宮の湯さんは昭和34年にオープンし、今年で創業59年。今の建物は30年程前に建て直しましたが、カウンターではなく番台式は残しました。

現在2代目の松柳貴夫さんがお店を切り盛りしています。

船橋市では唯一の番台式で、昭和レトロな趣が残る内観です。

 

浴場

浴場はカランが21、壁面はペンキ画で、男湯が野尻湖からの富士山、女湯は大瀬崎からの富士山でした。どちらも迫力満点の見事なペンキ画です。

浴場

壁面ペンキ画(男湯)

壁面ペンキ画(女湯)

カランとシャワー

シャワーの上にも宮島の見事なモザイク画

 

浴槽・お湯

浴槽は3つのブロックに分かれています。

浴槽

(右)薬湯の浅いバイブラ

(中)深めのジェット

(左)浅めのバイブラ

浴槽上には、見事な錦鯉のタイル画

お湯の温度は右が41℃、中と左が42℃とやや熱め、井戸水を組み上げて薪で焚いたお湯は、柔らかく体の芯から温まります。

お湯はほんのりですが黄色味がかっていて、成分分析はしていませんが、もう少し深く掘るとラジウム鉱泉が出てくるのだそうです。

薬湯は湯冷めしにくいと評判です。

 

サウナ

サウナ内観

窓の所に置き時計があります

水風呂はないですが、立ちシャワーはあります

サウナは乾式の遠赤外線サウナ

温度は85℃〜と適温です。

人数は4人入ればいっぱいくらい

料金は別途100円(女性は50円)です。

水風呂はありませんが、サウナの横に立ちシャワーがありそこで冷水を浴びることができます。

 

オフロスキ編集長のお勧めワンポイント

*昭和レトロな趣が残る

何と言っても番台式のレトロな趣が残っているのがいいですね。壁面画やタイル画など思わず見入ってしまいます。サウナも水風呂こそないですが、100円で使えるのは嬉しいですね。

 

宮の湯

住所/船橋市宮本6-10-20

TEL/047-422-8937

営業時間/15:30〜23:30

定休日/5日、15日(日・祝の場合翌日)

駐車場/なし

↓地図はこちら

 

船橋市銭湯スタンプラリー開催中!

現在船橋市では2018年3月21日まで銭湯スタンプラリーを開催しています。9件制覇でケロリン桶がもらえる!↓詳しくは以下の記事をご覧ください。

2/1から船橋市が「銭湯スタンプラリー」を初開催!全店制覇でケロリン桶がもらえる♪


関連記事