toggle
2018-05-17

日本酒専門の立ち飲み店が船橋にOPEN。「立ち飲み日本酒2。2坪」へ行ってきた


船橋駅南口を出て、徒歩4分ほど。呑兵衛にとって魅力的なお店が立ち並ぶ「仲通り商店街」の一角に日本酒専門の立ち飲み店ができたの知ってますか?

その名も「立ち飲み日本酒2。2坪」です。

 

場所

船橋たばこセンターと、かつやの間の道(中通り商店街)を入って少し行った左手にあります。

船橋駅方面から

大神宮方面から

店舗外観

 

店内

店内は店名の通り2.2坪(4畳半)のスペースでL字型のカウンターのみ。軒先にも小さなカウンターがあり定員は8〜15人くらいまでだそうです。

店内(入り口から)

店内(角から)

店内(奥から)

日本酒のラベルがインテリアに使われています

 

メニュー

日本酒メニューはこんな感じ。日本酒のみ1本勝負ですが、銘柄がとにかく豊富で16種類!しかも毎日2〜3種類ずつ入れ替わるというのだから凄い。これなら毎日来ても飽きないし、日本酒好きなら一目見てわかるプレミアムな銘柄や、ちょっと見慣れない銘柄まで幅広く揃っています。

料金は冷酒・常温のお酒がグラス1杯(90cc)500円均一。燗をつけられるお酒は熱燗・ぬる燗ができ、1合(180cc)で1000円均一となっています。

日本酒メニュー(取材時のものです*毎日変わります)

日本酒のラインナップは4つのタイプ(薫酒・醇酒・爽酒・熟酒)がバランスよく揃えられています。普段日本酒を飲まない方も、好みにあった日本酒を見つけられるでしょう。

日本酒のタイプ

おつまみメニューはこちら。卓上七輪で炙って食べるおつまみメニューを中心に、酒蔵が作ったおつまみや日本酒に合う基本のおつまみがあります。日本酒好きなら思わず「わかってますね〜」ニヤニヤしてしまいそうなおつまみラインナップになっています。

おつまみメニュー

この小さな“卓上七輪”がポイント高いです

 

実飲食

さて↓この写真見てどうですか?

はい、そこの日本酒好きのあなた!もしかしたら飲めるかもしれませんよ〜

というわけで十四代 龍の落とし子炙りおつまみ3種(焼きアジ、ホタルイカ、あたりめ)をいただきました。

味わいは濃厚で、鼻に抜ける薫りが凄い!言うまでもなく美味い!

炙りおつまみは、七輪で焼くことで香ばしくなって、まあ酒に合う!

このままだと取材そっちのけで飲んでしまいそうなので、グッとこらえて箸を置きました。

 

お店のこと

お店のことを店長の市道喜美代さんに聞いてみました。

店長の市道喜美代さん

「立ち飲み日本酒2。2坪」がオープンしたのは2018年4月1日オープンして1ヶ月が経ちました。

ご主人の仁さんが“利き酒師”の資格を持っていて、都内(日本橋)で鮮魚と日本酒をメインにした「三代目魚真」という居酒屋を経営していて、全国の酒蔵と取引をしています。

昨今の日本酒ブームで酒蔵は元気がいいのかと思いきや、日本酒の出荷量は減少しており酒蔵の閉鎖も増えているのが現状だそうです。

日本酒の素晴らしさを草の根的に広めて、日本酒を飲む人の数を増やしたい。そのためにはもっと気軽に色々な種類の日本酒を楽しめる“日本酒専門の立ち飲みバー”をやってみたいと考えていました。

喜美代さんの出身地でもある船橋でお店を開こうと物件を探していたところ、たまたま通勤で使っていた「仲通り商店街」で今の場所が空いているのを見つけてすぐに契約したのだそうです。

実は喜美代さん、もともと日本酒をあまり飲まなかったそうで、

「私自身がもともと日本酒を好んで飲む人間ではなかったのですが、夫(仁さん)に勧められて色々なタイプの日本酒を飲んでいくうちにすっかり日本酒の奥深さにハマっていきました。だから普段日本酒を飲まない人にも、同じように日本酒の多様さを知っていただけるように提案していきたいです」と語る喜美代さん。

まさにお酒のマイスター。ワインで言えばソムリエのように、味の好みなど伝えて自分にあった日本酒を見つけてみるのも楽しいですね。

何よりスタンディングで気軽に入れるこういうお店は少ないので、日本酒好きの方も、普段日本酒を飲まない方も是非 “サクッと1杯”利用してみてはいかがでしょうか?とてもオススメです。

 

立ち飲み日本酒2。2坪

住所/船橋市本町4-42-14 1階

営業時間/[火~金]17:00~24:00 [土]16:00~24:00 [日]16:00~23:00

定休日/月曜日 +不定休日あり(Facebookで告知します)

Facebookページ →  https://www.facebook.com/2.2tsubo/

↓地図はこちら


関連記事