toggle
2020-05-11

ラーメンだってテイクアウト!馬込沢駅「目黒屋」【テイクアウトグルメ】

「テイクアウトラーメン」にハマって、家の中で楽しく過ごしている自称日本一ラーメンを食べているアスリート(自分調べ)こと一場治之進です。

これまでの3回「ラーメン」「まぜそば」のテイクアウトを体験しましたが、「じゃあ”つけ麺”は」と思い・・いてもたってもいられず馬込沢駅に降りました。

お持ち帰り「つけ麺」と言えばこの人・・。

「つけ麺」の名店と言えば、多く存在しますが・・・早い時期から「お持ち帰り」をやっている「目黒屋レポ56:目黒屋 参照)に来ました。

いてもたってもいられず「目黒屋」へ。ここなら「つけ麺」のテイクアウトもあるはず・・。

「マッスルラーメンレポのステッカー貼ってくれてます!」ありがとうございます。

店内に入ると、目黒さんが忙しそうにラーメンを作っている。

「目黒屋」は基本的に通常営業。しかし、換気はしっかり行われていて・・店内待ちも行わない。

とにかくテイクアウトメニューが豊富!!

魅力的なメニューが並び、悩みまくりのイチバですが・・・やはり当初の計画通り「つけ麺」「具材セット」を注文。

両方で700円と、かなり安いですね(具なしだとワンコイン)

「お持ち帰りは10年前から金額変えていないんです。」目黒さん。10年前からお持ち帰りやっているのも驚きですが、金額をまったく変えていないのは更にビックリです。

 

お家で「目黒屋」のつけ麺!

2セット買ってしまったイチバ。「お店で食べてからお持ち帰り買えば良かった。」

お持ち帰りセットには「冷凍スープ・生麺・具材(別売り)」が入っている。

これがセットの中身(2セット分)。具材は別売りだ。

中に入っている説明書きを見るイチバ。作り方は簡単だ!(賞味期限は2日程)

作り方の説明書。麺の茹で時間は約10分。更にお店に近くするにはゴマ・長ネギ・海苔・野菜類を用意するのも良いみたい。

準備するのは沸騰したお湯の入った鍋2つ(1つでも出来るそうだが)。後は麺を水で締める為のザル。容器は入っていないので用意する必要がある。

 

調理開始!!!

鍋2つに沸騰したお湯が入る。

これがスープ(冷凍)と麺(生)これらをお湯に入れる。

スープを約10分温める。冷凍でそのまま温められるので簡単だ!

麺をお湯に投入。麺も約10分茹でるのだが、麺の質が良いせいなのか・・・茹で時間が長めの方が良いみたい。

お店では体験できない・・実際に茹でる前の麺に触れて感じる麺の質感。

温まったスープを丼に入れる。熱々の茶濁スープからは良い匂いがする。

茹で上がった麺をザルに入れて、水で締める。しっかりとヌメりを取る。

しっかりと水を切って、丼に盛り付ける。

具を盛り付け(具は常温で溶けるが、今回はお湯で少し解凍)て完成!!!製作時間15分ぐらい。

お家で極上「つけ麺」

これがテイクアウトの「目黒屋」「つけ麺」

これ・・・自分で作ったんだよなぁ~と思ってしまうぐらい・・しっかりした作りですね。ツヤツヤとした麺に旨味が詰まってそうな「つけ汁」

自分で作ったけど、めちゃ旨そう!

茶濁の”つけダレ”は所謂「豚骨魚介系」。濃度が高く旨味がギュッと詰まっている。

つけダレは所謂「豚骨魚介系」で、ブリックス濃度はやや高め。濃度は違えど「必勝軒」譲りの上品な仕上がりは飽きが来ないですね。テイクアウトとは言え、まるでお店で食べている様な完成度に度肝を抜かれます。

「目黒屋」と言えば極上の麺!!!このツヤツヤ感はお店で食べているのに近い!!

「さすが目黒屋とも言える様な質感で、自宅で茹でたにも関わらず、極上のモチモチ感です。所謂「ツル」「シコ」「モチモチ」な食感はテイクアウトの麺を食べている事を忘れます。はっきり言って・・・・美味過ぎます(汗)

極上の麺極上のつけダレダイブ!!!

ズルズルっと一気に啜る!!!旨味と食感のフェスティバル!

「うま~い!!!」テイクアウトだから・・・とは口が裂けても言えないハイレベルな汁と麺。

具の低温調理チャーシュー。肉の生きた柔らかさと旨味が口の中に広がる逸品。

は別売りですが、メンマ小松菜低温調理チャーシュー鴨ロースチャーシュー。メンマと小松菜の箸休めがしっかり合いますね。

鴨ロースチャーシューは口に入れた瞬間に燻製の香りが広がる。

更には「目黒屋」の名物とも言うべきチャーシュー・・・焼いては出ない様な生きた肉の柔らかさと旨味が極上の低温調理チャーシュー。それに、燻製の香りがしっかりと後味に残る鴨ロースチャーシューが秀逸です。

つけダレが冷めてもレンジを使えるのもお家ならでは

テイクアウトの強みとして、つけダレが冷めてしまってもレンジでチンが出来る事です。まさに「つけ麺」の唯一の欠点を補えるという意味では「つけ麺」こそテイクアウト向けかもしれませんね。

スープ割をしなくても汁完!!!!麺も汁も極上だった!!!

感想を言うとこのテイクアウトの「つけ麺」でお店を開いても人気店になりそうなクオリティーですね。汁・麺・具の全てで限りなくお店での味を再現しようとしているのが伝わって来ます。麺は冷凍すると劣化する可能性があると書いてありますが、知人にも送ってあげたいなぁ~と思いました。いやいや、ご馳走様でした!

 

マッスル店主コメント

何とか堪えてやるしかないですね!(目黒さんより)

 

つけ麺 目黒屋

住所/鎌ケ谷市馬込沢3-22

TEL/047-430-5005

営業時間/11:30~14:00 18:30~21:00(通常は〜22:00)

※土曜・祝日 11:30~15:00 18:30~21:00(通常は〜22:00)

定休日/日曜

↓地図はこちら

関連記事