toggle
2018-02-18

津田沼にできた古民家カフェ「ゆずカフェ」に行ってみた


 

JR津田沼駅から徒歩8分のところに「古民家カフェ」ができたという情報を聞きつけ、早速取材しに行ってみました。

津田沼駅の北口を出て、津田沼十字路の交差点を右に曲がり、新京成線の踏切を越え、レンタカー屋さんを越えてすぐの路地を左に入ります。

津田沼方面から

この路地を入って2軒目。左手にあります

看板が目印です

外見は一見すると、本当に民家ですが入り口に看板が立っていてカフェだということがわかります。

 

いざ入店

こちらが入り口(玄関)

お邪魔しまーすという感じでお店の中に入ります。

玄関

玄関上がってすぐ左手にピアノ、右手がキッチンになっています。

ピアノ。調律されているので引けます

キッチン

奥に行くとカフェスペースが広がります。

カフェスペース(和室)

昭和15年に建てられ、このスペースは客間だったそうです。

日当たりが良く、縁側から陽の光が入り、ノスタルジーな空間が広がります

花梨の1枚板のテーブル

立派なテーブルは花梨の1枚板を、譲り受けてDIYで足をつけた自作のものだそうです。

人形

日本文学の名作初版本の復刻版

床の間

火鉢

テーブルの引き出しには大正時代の新聞と眼鏡

室内にはレトロな調度品が並び、みていて飽きません。

縁側の日向ぼっこ席

カフェスペース(洋館)

席は8畳の和室と縁側に6畳の洋間、合わせて全部で13席あります。

トイレもレトロ

「ダルマ」と呼ばれる電気のスイッチ

扇の取っ手をスライドして開けます

中は洋式でした

昔使われていた手水(ちょうず)も残っています

 

メニュー

メニューはこんな感じ。

メニュー。豆は時期によって変わるそうです

 

実食

コーヒーと、白玉クリームあんみつをいただきました。

コーヒーは八千代にあるショップから仕入れ、ハンドドリップで淹れてくれます。

コーヒー。とっても美味しいです

この日は「コロンビア」と「エチオピア」の2種類の豆がありました。季節によって仕入れる豆も変わるそうです。

レトロな空間とともにコーヒーを楽しむ贅沢

カップは元々お客様用に使っていたものを主に使用しており、レトロな器でコーヒーが楽しめるので嬉しいですね。

白玉クリームあんみつ

あんみつは自家製で、あんこ、寒天、白玉は全て手作りだそうです。白玉は注文が入ってから茹でます。これは茹でたての“もちもち”した食感を楽しんでもらいたいというこだわりからだそうです。

自家製あんこ。甘さ控えめで美味しいです

寒天は大きめカットで食べ応えあります

こだわりの白玉はモッチモチやぞ!

 

お店のことを聞いてみた

店主の山崎千秋さんにお店のことを聞いてみました。

店主の山崎千秋さん

「ゆずカフェ」は2017年11月にオープンして3ヶ月、こちらは千秋さんのご実家で、生まれも育ちもここ津田沼で、今もこちらに住んでいます

カフェのスペースは元々は千秋さんの祖父母が住まわれていて、昭和15年に建てられた築78年の古民家です。祖母が他界してからは客間として使用していましたが、近年はほとんど使われていなかったそうです。

しかし使っていなくても掃除は欠かさずしていたので、綺麗な状態で維持されていました。

テレビ局で国際ニュースの原稿を書く仕事をしていた千秋さんは、学生の頃からコーヒーが好きで、社会人になっても、よくカフェ巡りをしていたそうです。

コーヒは千秋さんがハンドドリップで淹れてくれます

いつかは自分のカフェをオープンしてみたいという思いがありましたが、実際にお店を開くまでに至るキッカケはありませんでした。

そんな折に、この古民家を取り壊そうかという話が出てきました。

千秋さんは「壊すのならば、せっかく状態も良いので古民家カフェとしてオープンしたい」と提案したのだそうです。

ご家族は千秋さんの提案を大変喜んでくれたそうで、開店に向けて後押しをしてくれました。

オープンにあたっては、暖房設備を入れて壁を塗り替えたくらいで、あとはほとんど何もいじっていないので、いかに綺麗に維持されてきたのかが見て取れます。

 

ゆずカフェの名前の由来は?

由来はお庭にある立派なゆずの木からです。このゆずの木は1本から200〜300個くらい実をつけます。ある時「ご自由にお持ちください」と玄関先にカゴに入れて置いておき、ご近所の方に持って行ってもらいました。

するとお礼の手紙がたくさんきて、とても嬉しかったそうで、ここにカフェを開いて、ご近所の方に気軽に利用してもらえる場所にできたらいいなと思ったことがオープンする最後の後押しになりましたと千秋さんは語ります。

ゆずの木の下で

 

津田沼の駅前から、ほんの少し離れたところに素敵な古民家カフェができました。

ちなみに古民家ながらに電源コンセントも豊富にあるので、ゆったりと古民家カフェでPCを使ってお仕事するのもアリですね〜。

お近くの方も、カフェ好きの方も、是非一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

 

ゆずカフェ

住所/船橋市前原東3-5-10

TEL/090-9153-9057

営業時間/10:00〜17:00

定休日/月曜、火曜

ホームページ https://yuzcafe.jimdo.com/

↓地図はこちら


関連記事