toggle
2017-05-24

「今昔物語」船橋〜船橋駅南口〜


昔の写真(1970年)*資料提供:船橋市郷土資料館

写真は1970年(昭和45年)に船橋駅南口を西武百貨店の屋上より撮影したものです。

昔の写真を見てみると左側に高架工事中の国鉄船橋駅がありますね。

高架駅となったのは昭和45年9月でした。

左奥を見てみると、国鉄の社宅団地群があり、その後ろにあるやや高い建物が中央卸売市場です。

現在の写真と見くらべてみましょう!

現在の写真

右側の銀行が入っていたビルは「船橋フェイス」に変わっていますね。

中央に見えるデッキはフェイスの中を通りJR船橋駅と京成船橋駅を結ぶ連絡通路となっています。

線路を挟んで駅の左側に見える白い建物は東武百貨店で昭和52年10月にオープンしました。

昔の写真ではまだ高層ビルやマンションなどが建っていないので、津田沼方面の線路も見えていますが、今は高い建物があるため線路の先は見えなくなっていますね。

また、京成線の線路も昔は架線柱(電線を支える電柱)から確認できますが、今は建物の一部で見えなくなってしまっています。

右奥にある意富比神社(船橋大神宮)の森は今も昔も変わらずみることができますね。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA