toggle
2017-09-22

「今昔物語」建設中の北総鉄道


写真で見比べてみる“地元”の今と昔の風景を紹介している連載コーナー「今昔物語」。

今回のテーマは、「建設中の北総鉄道」です。

昔の写真(1983年頃)*写真提供:白井市郷土資料館

北総鉄道は、1979年(昭和54年)3月に北初富〜小室間が開通しました。その後、1984年(昭和59年)に小室〜千葉ニュータウン中央間が開通します。

上の写真は小室〜千葉ニュータウン中央間の開通1年前の延伸工事の様子を写したものです。

写真は新鎌ヶ谷方面に向かって撮影しているもので、遠くに見えているのは小室駅です。

 

現在の写真と見比べてみましょう。

現在の写真

鉄塔の位置は今も昔も変わっていません。

手間の掘り割り状になっている箇所は、重機による掘削で大地を削って凹ませているため、相当の土量が出たであろうと推測されます。

撮影した場所は小室駅と千葉ニュータウン中央駅の中間にある「谷田」です。当初の計画では谷田にも駅ができる予定でしたが、地元の反対もあって中止となりました。

そのため、西白井〜白井〜小室の駅間が2kmなのに対して、小室〜千葉ニュータウン中央の駅間は4kmと長くなっているんですね。

ちなみに、草深にも駅ができる予定がありましたがこちらも中止になったので、千葉ニュータウン中央〜印西牧の原の駅間も長くなっているのです。

 

↓写真を撮った場所はこちら


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA