toggle
2020-06-13

ラーメンだってテイクアウト!京成大久保駅「麺屋 時茂 大久保店」【テイクアウトグルメ】

ようやくコロナの余韻も落ち着いてきましたが、お店のテイクアウトはまだまだ需要があります。少なくとも自称日本一ラーメンを食べているアスリート(自分調べ)こと一場治之進テイクアウトの魅力マッスル堪能しています。

今日もどこかで極上テイクアウトラーメンがないかとアンテナを張っていると、なななななななな何と!「あの」お店が極上「まぜそば」をテイクアウトしているではありませんか・・・。こりゃあもう事件ですよ事件!!「あの」お店に向かって京成大久保駅を降り立ちました。

あのお店・・・

そう・・・あの超極上鶏白湯ラーメンを出している「麺屋 時茂 大久保店レポ29:時茂 参照)です。

「やって来ました麺屋 時茂!!」

「やはりテイクアウトやってますねぇ~期待マッスルですよこれは!!」

そう言えば、取材の時もこれぐらいの時期で・・これぐらいの夕暮れでした。あれから1年。「時茂 大久保店」岡崎店長の指揮の元で地域の人気店になりました。

「と、とにかくラーメンを・・・岡崎さぁ~ん!!!!」

 

社長の正木さん草加本店にいらっしゃるそうで、岡崎店長が迎えてくれました。

入店すると、忙しそうにラーメンを作っている岡崎さんがいた。

「イチバさん・・・パンプアップしましたねぇ~」と気さくに話しかけてくれる岡崎さん。お客さんとのコミュニケーションを大切にしているので、店内の雰囲気が良い感じ。

券売機・・「醤油」又は「塩」「まぜそば」加えて「容器」を購入するとテイクアウトになる。

テイクアウトの「まぜそば」「醤油」「塩」ありますが、券売機で購入して「容器代」¥50-を追加購入する事でテイクアウトに出来ます。

テイクアウトでも迷うイチバ・・・今回は「醤油」と見せかけて「塩」に決めたらしい・・・。

イチバは迷いまくりですが、今回は前回食べたラーメン同様に「塩」をチョイスします。

「塩まぜそばのテイクアウトですね!!」と言って、手際よく作る岡崎さん

作りながらでもお客さんとのコミュニケーションを忘れない。心温かい店主・・それが岡崎さん!!

今回はお店で調理した物を持って帰るスタイルです。「まぜそば」はこのスタイルが多く見られますね。

「気を付けて持って帰ってくださいね~大盛にしときました。」心遣いに感謝です!!!

記念写真をパシャリ!!!岡崎さん、頑張って下さい!!!

今度はお店でW完しますからね!!!

 

お家で「時茂」!!

・・・・・45分後

帰って来たけど、まだ温かい・・手を洗って早速食べてみよう!!!

これが「時茂」のテイクアウト「まぜそば(塩)」だ!!

お店で作られた「まぜそば」をテイクアウト用の容器に入れるスタイルで、調理はいりません。まさに「お弁当」の感覚で食べ始める事が出来ます。生卵が別に付いているのが特徴ですね。

蓋を開けると「時茂」らしいビジュアルの「まぜそば」が・・・。旨そう・・。

「いくぜ!!」と意気込むも・・・一つ忘れている事に気づくイチバ。

「あっ・・生卵入れないと・・。」まさにマッスル寸止め。

「そうそう・・これこれ・・。」

「生卵注~入~マッスル!!

「まぜそば」の中央に生卵を置いてみる・・。合わないはずがない。

こうして完成した「まぜそば:塩」。これは美味そう!!!

 

気を取り直して・・「時茂」!!

まずは麺と具を混ぜる作業から始まるのだ!!生卵が入るので、麺が混ぜやすくなっている。

まず手始めに下の麺と上の具を混ぜる作業から始まります・・・所謂・・・必殺天地返し!!!!(レポ11:すけがわ参照)ですね。

タレと具が絡んだ太麺・・・。この麺に丼の全てが詰まっている。

全体の味つけとしては、丸く優しい塩を動物系の旨味が口の中に広がりますね。まさに「時茂」「塩ラーメン」を汁なしで表現した印象です。「鶏白湯」「塩ラーメン」の特徴である、吸い付くような優しい動物系の旨味が見事に「まぜそば」に仕上がっています。

正に・・・大きな期待を持って想像した通りの仕上がりで、この高いセンスは「さすが時茂」と言わざるを得ません。

旨味もタレも持ち上げる麺は「極上!!!!」の一言!!

は太ストレートで、モチモチ食感が特徴です。麺が主役になる「まぜそば」らしく、麺の存在感が強いですね。タレや具を持ち上げても、麺の食感が邪魔される事なく美味しく頂けます。

具のサニーレタス・・実は食感の中で重要な役割を果たしている。

フライドガーリックサニーレタス解し鶏チャーシュー刻み玉葱で、共通する事は「麺に絡む事」「食感を楽しめる事」ですね。特にサニーレタスや刻み玉葱を使うあたりが凄いですね。ピシャリとハマっています。

食感によりフレッシュな印象を持たせる玉葱。これが麺だけの食感にさせないと言う役割を果たす。

食べながら唸るイチバ。「こりゃあ完成度高い!!」

そして、「時茂」「塩」と言えば・・忘れちゃいけないのがレモン!!!入っていたレモンを後半で絞ります。

「時茂」と言うより「鶏白湯系」では定番のレモン・・これを絞ると・・。

後半にレモンを投入!!!すると・・・。

レモンを入れると、一気に清涼感のある「サラダまぜそば」に変身します!!!はっきり言って、全く別の「まぜそば」になりますね。もしかしたら、レモンは鶏白湯ラーメンより合うかもしれません。

「うおっ!!美味い!!!」一気に性格の違う1杯に変身し、驚くイチバ。

一気に完食!!!後半まで全く飽きずに極上!!

感想としては、かなり完成度の高い「まぜそば」ですね。正直驚きました・・・。特に女性の方で「ラーメンはちょっと・・・パスタなら・・」と言う方がいましたら、一度「時茂」「まぜそば」に挑戦してもらいたいですね。もちろんイチバの様なガッツリ食べる男子も満足です。テイクアウトでこの旨さなので、お店で食べたら・・と思いました。

 満足マッスルですね!!!!!御馳走様でした!!

 

マッスル店主コメント

僕も負けずにやってますので、時期が来たらお店に来てください!!(岡崎さんより)

 

麺屋 時茂 大久保店

住所/習志野市大久保1-18-9ライズインハウス1F

営業時間/11:30~21:00

定休日/水曜

↓地図はこちら


過去のマッスルラーメンレポ記事はこちら

関連記事